自己紹介

えま

ブログランキング参加中

    ブログランキング

カテゴリー

サイト内検索

QRコード

過去の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観てきました
今日はお休みをいただいて
朝イチで「ヱヴァQ」を観に行ってきました。
121127-1.jpg
↑パンフは今回も
121127-2.jpg
秘密主義ですねぇ。(もったいぶってるだけ?)
といいつつ、
ここから下↓はネタバレ注意です。


平日午前なので
客席は空いてるように見えたけど
一番大きなスクリーンだったから
結構入ってたことになりますね。
何だかんだで人気あるんですね~。

旧作からちょっと変化をみせた
「破」の続編で
さらにどう展開していくのか
気になってたところですが
タイトル通り、冒頭から
”Q”展開でした。

サードインパクトが起こって
(破の最後がそうだったようで)
そこからまた14年経ってたとは。

ただ、そのあとカヲルとの絡みからは
また旧作の終盤に戻った印象で
過程は違えど
シンジはカヲルを信頼するようになり
カヲルは第13使徒となり
第九が流れ
死んじゃって(殺して?)
また裏切られたショックで
ふぬけになっちゃって
ミサト(アスカ)に連れ回される・・・
とまあ、実のところ
旧作(TV・劇場版)を踏襲してるなと感じました。
その分、旧作で”?”だったことが
今作で多少補完された印象もあります。
(何となくですが)

そして、次回・最終章とされるのが
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」。
”ヱヴァンゲリヲン”が
”エヴァンゲリオン”になってたり
反復記号が付いてることから
生まれ変わる、再生する的な意味合いなのかな?と。
同時上映の「巨神兵東京に現わる」でも
すべてを壊して、新しい世界を創造する
みたいなことを言ってるし、
旧劇場版「シト新生」も
”死と新生(Death & Rebirth)”だったし。

結局、これまでずっと
この結論で話を作ってきたのかな?と思えるけど
そうなると、
今回もモヤモヤ~っとなっていって
完結しないで終わるのか・・・

いや、終わらないか。
”最初からくり返す”だから。
(「エヴァンゲリオン劇場版」、
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に続く
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」シリーズの始まり?)
スポンサーサイト
【2012/11/27 22:23】 映画館に行く | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<この時期の猛吹雪 | ホーム | 鶴が鶴を呼ぶ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsurusyokunin.blog6.fc2.com/tb.php/2940-7f52048e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。