自己紹介

えま

ブログランキング参加中

    ブログランキング

カテゴリー

サイト内検索

QRコード

過去の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
無気力試合
連日熱戦が繰り広げられている
ロンドンオリンピックですが
そんな中で、全然熱のない試合が
行われてたそうで。

バドミントン女子ダブルスの
予選リーグ最終戦で決勝T進出を決めてる
中国・韓国×2、インドネシアの計4ペアが
トーナメント組み合わせを有利にするため
お互いわざと負けようと
無気力プレーをしたということです。

今回の事態を生んだのは
予選リーグ制とメダル至上主義が
原因だと言われています。
試合方式は、
これまでのトーナメント制から変更したわけだけど
1カ国から2チーム出ている、
しかも上位が偏っている状況では
こういった弊害は出ますよね。
これは、決勝T進出チームが出そろったところで
組み合わせ抽選をすれば
済むことだったと思うので
大会前に気がつかなかったのは残念です。

そしてもう一つの問題
”メダル至上主義”。

全世界が注目する中、
その競技の世界一を決めるオリンピックで
優勝・表彰台を目指すことは至極当然であり
やれることはすべてしないと
勝ち得ることが出来ないことはわかります。

ただ、その目指すべき目標が
チャンピオンになる事ではなく
金メダリストになる事だということです。

本来、その競技において
最強・最速になることが目標であり
メダルはその記念品なだけなのが、
最強・最速でなくても
メダルさえ穫れればいいとなってしまったことが
問題なわけです。

今回の事態では
それを世界ランク1位の選手がしたわけですが
王者なればこそ
絶対的な強さを証明して欲しかったです。

ずる賢くなければ世界では勝てない
なんて言われるけど
やっぱりスポーツの世界には
正々堂々の全力勝負を望んでいるはず。

まだまだオリンピックは序盤戦です。
このあとの競技では
すばらしいプレー、試合がたくさん見られることを
期待したいですね。

日本選手にも
多くのメダルを期待したいところですが
なにより、世界中の人がファンになるような
すばらしいプレーを見せて欲しいと思います。
スポンサーサイト
【2012/08/01 23:59】 テレビっ子 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<時間の感覚が | ホーム | 夏風邪?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsurusyokunin.blog6.fc2.com/tb.php/2825-562ea6d8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。