自己紹介

えま

ブログランキング参加中

    ブログランキング

カテゴリー

サイト内検索

QRコード

過去の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
柔道
ロンドンオリンピックも
開幕から1週間が経ち
前半の注目、柔道が終わりましたが
男子は銀2・銅2
女子は金1・銀1・銅1
という結果でした。

男子においては
史上初の金メダルなしに終わり
惨敗といわれています。

やっぱり
”JUDO”に適応できてないから
ということになりますか。
世界で金メダルを取るためには
世界標準となった”JUDO”を
やっていかなければならない、と。

でも、それでいいのかなぁ?

金メダルは取って欲しいけど
それ以上に
”柔道”は”柔道”であって欲しい
気がします。

現に、今オリンピックの柔道は
日本選手が活躍出来なかったことも
あるのかもしれないけど、
見ていてなんか楽しくなかったです。

組み手争いに終始して
組んだと思ったら
掛け逃げのような攻撃を見せて
指導のポイントを取ったり、
力技+体重を預ける無理な投げで
相手の故障を狙うようなのでは
当然、そういう感想になります。

また、礼節を欠いた行動は
見苦しさを感じます。

武道必修化で
授業で柔道をする子たちには
見せられないです。
これを”柔道”と思って
真似するようになれば
事故につながりそうです。
(僕は掛けられる専門だったけど
受け身をちゃんと練習したのと
キレイに技を受けてたので=無抵抗?
ケガしませんでしたよ。)

これは、
日本人だけが感じていることではないと思います。
試合会場には日本人が多かったとは思うけど
日本選手が登場すると
一際大きな歓声が上がったのは、
日本の”柔道”を見たいという
観客の気持ちの表れだったと思ってます。

美しい一本が見たいと。

それを、金メダルのために
捨てていいのかな?と思います。

今回の結果から
4年後も”柔道”で、というのは
簡単ではないと思います。
しかしながら、
その困難を乗り越えて
”JUDO”を圧倒する
”柔道”を目指してもらいたいです。
スポンサーサイト
【2012/08/03 23:45】 テレビっ子 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<天浜線 | ホーム | 時間の感覚が>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsurusyokunin.blog6.fc2.com/tb.php/2822-e9ebaca5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。