自己紹介

えま

ブログランキング参加中

    ブログランキング

カテゴリー

サイト内検索

QRコード

過去の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
引き出し中時計
ゆっくりではあるけれど
今回は着実に片付けが進んでます。

そんな中で今度は
懐中時計が引き出しから出てきました。
120502-1.jpg

そういえば最近見てなかったなぁと思ったら
こんな所にあったんですね。
(本当は完全に忘れ去ってましたが)

この懐中時計は
ゼンマイ巻きや時計合わせを
鍵でする古いタイプです。
120502-2.jpg

さらに中を見ると
120502-4.jpg
(パカッて開けられるようになってます)

見にくいですが
すご~く小さな鎖(自転車のチェーンのようなの)が
見えます。
120502-5.jpg
(これが小っちゃ好きにはたまらないんです。)

これは「鎖引き(フュジー)」という、
巻き方によって変動するゼンマイのトルクを
円錐状のフュジーを介して歯車に
一定に伝える機構だそうです。
自動的にギヤチェンジをしながら
歯車の回転を一定に保とうとする
って感じなのかなぁと思ったんだけど
間違ってるかなぁ?
(文系なのでこういうのは苦手ですねぇ)

とにかく、この機構は
20世紀に入ると姿を消しているそうなので
1900年以前の時計になるようです。

さらにホールマークが刻印されているので
それを見てみると
120502-3.jpg
良くわからないんだけど
売り主さんによると1849年頃のモノと
わかるそうです。

150年以上前の時計なんですねぇ~。
でも、ゼンマイを巻くと
チッチッチッチッ・・・と元気よく動きますよ。
ただ、時刻の正確さについては
早くなったり遅くなったりで怪しいですが。

”今何時?”
”そうね だいたいね”
な感じで使うくらいならいいかも。
スポンサーサイト
【2012/05/02 23:55】 博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<え~っ、そんなに~ | ホーム | 台本いろいろ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsurusyokunin.blog6.fc2.com/tb.php/2733-c7fed76c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。